ピンクすずらん姫
夢は希望を持ちながらあるくことかな?
「山野草とすべての花」が大好きな姉の庭
日立の病院に行った帰りに必ずよる「姉の庭」です。

月2回は通っていた病院も回数が減りなかなか行く事が少なくなりました。

病気が治ったのではなく「冬眠」で~す ♪

今は私の元気が病気に勝っています。
ず~っと冬眠してください!とメールを送りたいけれど・・・  

姉は山野草や花が好きで庭一杯に花を咲かせていますが、5月も下旬ともなりますと若葉でジャングルのようですが、雑草ではないので草とりはお手伝いは無理です。
なぜなら私にはみんな草のように見えてしまいます(笑)

なぜ山野草かは好きはもちろん、隣のケヤキが大きすぎて庭に日が入らないこと。

ムギナデシコは今が奇麗に咲いています。
qq2.jpg



道路から下りて両脇にもはな・・シランなど
qq1.jpg


qq6.jpg


草が出ないように「クリスマスローズ」を植えたそうです。

qq3.jpg


姫かんぞうと白い花 ?

qq4.jpg


キゥイフルーツの棚のしたには「根無しカツラ」が妙な姿で下がっています
qq7.jpg


マロニエの実が大きくなっています
qq5.jpg


マロニエの花

v9


行者にんにくの花です。これは初めて見る花ですが・・必ず一枚葉を残して天ぷらなどの料理につかいます。

qq8.jpg


う~ん あやめの様な・・・?
qq9.jpg


なんと多い種類ですが、もう少し早いとよかったです。
まひろのま様 花の咲く時期に見に来て下さい♪ との伝言です。

山野草の好きな方でないと、すべて雑草に見えてしまいますから~

好きこそ物の上手なれ・・・ですね!
   
  




花の名まえをおぼえます。     銀杯草(ぎんぱいそう)
ここ2ヶ月位「ブログ」を書いて、いろいろな花を載せています。
その御陰で「花の名まえを結構覚えました」
特に山野草です。
私たちの住んでいる国は自然にめぐまれ、四季もあり、花を愛でる(めでる)事が出来ます。  
花によって季節も感じられる素晴らしい事なんです。
今まで私はどちらかと言えば「花よりだんご」のほうでしたが、「ブログ」に草花を載せるようになってからは、花や木を自然にていねいに観察するようになり、名まえを調べるようになりました。
名もなき草は無いといいます。ただ知らないだけなんです。
名まえを知る事は自然をいとおしむ事のようにこの「とし」になりおもいしらされました。

銀杯草(ぎんぱいそう)・・・花のかたちが杯のようなんです
20070524122057.jpg


クリックしてください
20070524122112.jpg

すずらんの姉の庭より
春に咲く「山野草」いろいろ
いろいろな山草の写真を載せます。  
 <すずらんの姉の庭より>

 さぎごけ・・こけの仲間ではありません。白い花の姿から、鳥の鷺(さぎ)を連想し、また地面をはうようにして伸びる姿をコケにみたてての名まえ。
20070512160301.jpg


梅花錨草(ばいかいかりそう)・・開くと梅のようでもあるしつぼみは
鈴欄の様でもあります。
20070512160346.jpg


宝鐸草(ホウチャクソウ)・・お寺の堂の四隅の軒下に下げた鈴に似ている。筒型の花

20070512160414.jpg


ゆきざさ(雪笹)・・白い雪のような花。笹の葉に似ている。
20070512160449.jpg


アヤメ
20070512160515.jpg



山草・野草を載せています。       ムギナデシコ
今までにかなりの「山草」「野草」を載せています。
四季おりおり、春夏秋冬の移り変わりとともに奇麗なはなを載せていますし、
これからも家庭のお庭では、見た事も無いような花を載せたいとおもいます。
私の姉はおそらく本に載っている植物はほとんど栽培、繁殖をしたと思うくらいの
「山野草」フアンというより愛好家です。
好きなだけでは花を咲かせたり、増やしたり・・は難しい事ですが。
でも、山草・野草の真の美しさに目を向け育ててきた精神や栽培技術で咲かせた花を
お知らせする事も大切だと考えたのです。   
 
山野には、人知れずそっと咲く花が多いんですが、
知らない私のようなものはみんな雑草にも見えます。

でも一度覚えて山に入ってみてはいかがでしょう!




ムギナデシコ
英語で「天国のバラ」という名まえ
輸入してきた麦の種に入っていて、麦畑の雑草として生えたためこの名がつきました。

20070511151643.jpg




20070522203722.jpg


すずらんの姉の庭より