ピンクすずらん姫
夢は希望を持ちながらあるくことかな?
初めて見た「アイヌネギ」! 追記 旨い~♪
   




 5月23日(日)に追記~♪ 

うまい、旨過ぎで~~♪ 元気モリモリです。

食べてみたかったアイヌネギのダシ醤油漬けは驚くほど旨いです。

ainu3.jpg  アイヌネギ2  アイヌネギ
袋から出した時に香りが(ニンニクの)すでにしてます。(左)
外側の茶色い部分を綺麗に取り去ります。(中)茹でてからとると二通り試す。
部屋中に行者ニンニクのニオイが広がります・・天然ものの威力かな!(右)
サッと茹で、冷水にとり 水気をとってダシ醤油に一晩漬け込みます。

アイヌネギ3

これはお酒にピッタリです~~、体の中で燃え上がる気がします。
これ ホントです。ァハハハ どうしましょう~~~。
食べて見て分った事・・オッちゃんが自慢するだけの事はありますネ。
これは北海道の風土でつちかわれた王者です。








初めて見る「本場物のアイヌネギ(行者ニンニク)」を頂きました~~♪
ainu

これはブログで知り合ったオッちゃんさまからです。
オッちゃんとは 2008年 5月 からなんですよ!

私が術後にピンクすずらんの苗を植えて、初めて翌年にはピンク色に咲きました。
  が 2年目の5月は色が消えて「白いスズラン」でした。

驚いて検索をして、見つけたのが「オッちゃんブログ」だったのです。

ココをクリック
心配した私にあたたかくコメントをして教えて下さった人でした。

スズラン命の私は・・・
3回目の術後、又再発したら おそらくこの世にはいなくなってしまうだろうと・・
大好きなスズランそれもピンクすずらんを買って植えたのです。
私は可愛い花のそれも毒をもち、地面に根強く育つ雑草の
ピンクすずらんを変わりにしたかったのです。


ァハハハ ごめんなさ~い。
アノ時はなんだったのか?と思うぐらい元気いっぱいでバタバタと毎日跳ね回っています。


 

オッちゃん
「竹を割ったような性格と歯に衣を着せぬ物言い、自然を愛し、家族、友人を愛す人」です。
ァハハ なにか~~?

そのオッちゃんから「還暦祝いと人生復活祝い」に贈り物が届いたのです。

贈り物の中身は ainu2.jpg






◉ アイヌネギ(行者ニンニク)・・険しい山の中からの本場もの
香りがソコラ辺のとは違いま~~~す。
  ainu3.jpg

◉ コゴミは山の香りも付いてます。
  ainu4.jpg

◉ 山わさびは貴重な本場ものです。
  ainu5.jpg

◉ ジンギスカン肉ホッケ
 ainu7.jpg   ainu6.jpg

◉ スズラン苗もお嫁にきました。
  ainu9.jpg

植えさせていただきました。
 ainu10.jpg    ANA32004.jpg

ひとのあたたかな心に触れた日でした~~♪
オッちゃんさま、これからもよろしくお願いいたします。
              ピンクすずらん姫







6月 還暦を迎えるにあたり

私はたくさんの事を引きずって生きているコレからが楽しいのではと~~♪
生きる姿勢のすこやかさを大切にしたいと共に
生きている限り元気で毎日を充実してすごしたい!と思います。
歳を重ねる感想です。

            ANA35079.jpg

もろもろ 収穫の秋です~♪
        


週末はお天気がパッとしないけれど、動くには良い気候です。
タマには庭の様子も・・・と



ひたちなか市はサツマイモの収穫で農家は忙しい時期なんです。

知人から堀たてのサツマイモと他の野菜が届きました~^^
早速蒸かして食べてみたらホクホクして甘く美味しかったです。

どうも有り難うございます~~♪ 

美味しいものを、美味しいうちに皆で食べたいと思います。
※親戚、友人にも届けますね!
s1


家庭菜園では
初めて作った人参・ショウガも大きく育ちました。
モォ~~感激です。

s2

その気になって「ニンニク」を植えてみましたら芽が伸びてきました。
来年まで元気で収穫出来るかしら?初めてだから期待はしないのです・・
s3

紅したんの実もきれいに色づいて・・
s6

ラズベリーの花には毎日ありさんが遊びに来てます~~
おそらくアブラムシがいるのでしょう! 

s5

ビオラの花も咲き出して、黄色・白とこれからがたくさん花が咲きます。

s13

しばらく静かにしていたバラの花もポツリ、ポツリと~~
秋はゆっくりと開く赤いバラ
s11

黄色もあと少しで~~~

s8

ピンクの花ですが、白っぽいかな?もう少し濃い花が欲しいです。
s12


仲良しの蝶だから写せました~~(ヤマトシジミ)
s4



これからを楽しんで生きるには~~といろんな事が頭の中で思い浮かびますが、何をどうするかが決まらないでいます。

今言える事は健康という財産をどの様に作るかでしょうか!
あと2年で還暦ですから~~~(笑)

   
  



彼岸には・・
        

お彼岸です。
外出は控えてやっています、山栗むきを~~~

沢山の山栗をちまちまとむき始めています。

栗4

はビタミンB1、Cや食物繊維が豊富で疲労回復や風邪の予防、整腸、便秘、肌の老化防止など良いとこがたくさんあります。
消化吸収がよく、体内で他の食べ物と合わさり栄養の吸収を助けます。
な~んて思って食べている人はすくないかな? 



山栗です~♪ とても甘いんです!
 これがまた小さいのですが連日届きます!
栗3


ゴルフボールで大きさを比べてみると市販の栗の半分の大きさです。
ハサミを使ってセッセ、セッセと新鮮なうちにむいてます。
むき終わると洗って即冷凍保存します。(右)

栗
調子にのって親戚の方にも持たせます(笑)
私ってお調子者?

大きめの山栗はそのまま、ゆで栗・むし栗にします。
冷凍保存のは栗ごはん・栗おこわ・栗かのこ・マロンクリームなどにつかいます。
旬な食材は旬な時に使うとおいしいです。



素朴な疑問にお答えします。

この大きなウナギはジムのスタッフの方がとってきた川に戻したそうです。
可哀想なのでにがしたよ~と言っていました。
t3




お料理は旬こそがいちばん美味しい時だと思います。
おいしい時期を外さないで、かつ経済的にいただきたいものだと思います。ってたいそうに?


    






一度は食べてみたいと・・
   

昨日、今日と夕方になるとカミナリと大雨のお天気です。
まだまだ残暑がきびしい~日中です。
お盆も実家の墓参りも終わり
これからはスローライフ、スローフードを目指して過ごしたいと
思うばかりでなかなかそうはいきません。

2~3日庭もちいさな畑も覗く事をしなかったら、きゅうりもナスも大きく育っていたのです。  
ブロッコリーの3センチの苗は青虫に葉っぱを食べられ無惨な姿になっていました。かなり美味しい葉なのでしょう!

6月にネットで頼んでおいた「とうもろこし」が届きました。
ブログの自称・本物を知る男さんので初めて知ったのです。
そんなに美味しいものなら一度は食べてみたいと注文した品です。

と9

鈴木農場の嶽(だけ)きみ
青森県弘前市の岩木山麓・嶽高原で栽培されているとうもろこしを「嶽きみ」といいます。
きみとは津軽弁でとうもろこしのことです。

と6
 標高450mの嶽地区は昼夜の寒暖差が激しく甘いのが特徴。
生でもたべられます!とのことで少しかじってみました。
皮が柔らかで果物の感覚かな?でも茹でてみました。

と4
 茹で上がりは黄色が少し濃いかな。
皮が柔らかで甘いです。
茨城県で出回っている「味来(みらい)」はこの甘さと似ていると思いました。
気になる食べ物は一度はたべてみます。





この暑さの中咲いています「バラ」はきれい~ですが
花の色が日焼けして白くなっているのかな??
ネットでの時はもう少し濃いピンクだったのですが・・
まぁ~いいか~♪
と2

あれ~こんな花があったかしら?
夏水仙はひょうひょうと咲いています!
と5

せの高いユリの花から見上げる空は「秋」の香りがします。
と3


やってきます~♪
食欲の秋・スポーツの秋・芸術の秋・読書の秋・・・
あなたはどんな秋にしたいですか?

私はもちろん元気いっぱいのあき~♪
ってスローライフは何処にいるのかしらねぇ~~?


     


風味ある常陸蕎麦!             キゥイの花
蕎麦の花が奇麗に咲いています。 
茨城は蕎麦の生産が北海道に次ぐ全国第2位と言われています。
特に「常陸蕎麦」は風味があり、これぞ「そば」なんです。
これは「茨城の常陸蕎麦をぜひ!食べてみない事にはわかりませんよ」
昔からそばは「安くて、美味しくて、お腹いっぱいになる」といわれ
現代まで受け継がれた食べ物なんです。日本人なら~でしょうか!
蕎麦に限らず、
お料理は季節の移ろいを、食べ物を通して、楽しみたいものです。
              

20070603215632.jpg

クイックしてね
20070603215700.jpg
ひたちなか市の畑のそばの花

キゥイの花・・・雄花と雌花があります。雄花が先に咲いて花粉を飛ばしす。 少しおくれて、雌花がさき、その花粉をつけます。

20070603220048.jpg
めばな

20070603220126.jpg
おばな・・早く咲くので終わり頃

20070603220020.jpg
キゥイの棚

すずらんの姉の庭より
 「新茶」の時期です          チロリアンランプ
緑が目に眩しい季節です。  
今年も「新茶」の時期になりました。我が家はお世話になったあの方に~は、
お中元を新茶にして夏になる前に贈ります。
幸い親戚が静岡という事もあり今の時期だと喜ばれます。
ありきたりの品物よりも特産品を少し早いですが毎年同じ時期に同じ物ですと、受け取る側も結構あてにして待っていてくれるものなんです。  
私も同じで「ぶどう」の時期はあの方から・・・なんてなるものです。
    
 冷茶の作り方
新茶は普通はお湯でいただきますが、暑くなりますと冷茶で飲みます。
作り方は簡単です。

 麦茶用の器を用意します。
 新茶(普通のお茶)を市販のお茶パックに少し多めに作ります。
 器に水とお茶いりパックを入れて、一晩冷蔵庫に入れて置きます。
 次の日は薄緑の冷茶の出来上がり、新茶はかおりも良いです。
 もったいないと思ったら、出がらしのお茶パックを、今度は急須に入れて     お湯で飲みます。二度おいしく飲めます。

チロリアンランプ・・・すずらんの友人の庭より
20070518165659.jpg

花の時期は長く5月~11月位まで咲きます。
つる性なのでフェンスなどに絡ませても素敵です!
いろいろな「納豆」です。        こごみ(草そてつの若芽)
おみやげがダブりました。
「納豆です」
茨城は納豆が有名ですが、なんと友人が別々の所に行ったにもかかわらず
お土産が同じものなんです。
いつもは「くめ納豆」が好きで常時あります。
水戸方面に出かけた友人は「水戸納豆」。  
袋田に行った友人は「船納豆」とその他。一度に同じものをいただく事ってありますよね。
相手に喜んで頂ける物を送るのは難しいものなんですね、実は迷惑をかけている事もありますもの。
食べ物なら近所にお裾分け出来ますが、高価な物等をいただいた時は大変困ります。
贈り物は相手に心のこもった気持を送るということが大切なんだと思います。                   
私の友人も歯の無い(飾りの義歯はあります)ことを考慮してなんだと思います。
納豆いろいろ
20070514111105.jpg

ちなみに納豆料理は
納豆巻き
イカの糸造り納豆和え・・わさび醤油をそえ、その上にしその千切りを載せる(酒の肴)
山芋をすったり、刻みオクラをのせる・・・
和・洋・中華など・・・作る手によって沢山できます。  

こごみ・・・草そてつの若芽

20070514111853.jpg


他の山菜に比べてアクが無いので、さっと茹でただけで使えます。マヨネーズやドレッシングで食べたり、ごま和え・くるみ和え・・などで簡単にいただけます。

20070514111914.jpg

すずらんの姉の庭より
「ふき」をいただきました。     おおやまれんげ(大山蓮華)
大量の「ふき」をいただきました。
まさに”旬”なんです。しかし困った事にこのままでは誰ももらってはいただけないんです。             
早速、大きな鍋に湯を沸かし一度軽く茹でて水にとり、それから皮をむきます。(何回も・・・してしまいました)
生のままでむくと「爪やその中が渋で真っ黒」になります。

ここまですると「いただくわ~」という答えが返ってきます。
それでも若いご夫婦の方は味がついて食べられるんなら・・・といいます。
ちなみに黒くなった爪は”漂白剤で洗い、石けんでまた洗います”それでも落とせない
ところもでてくるんです。

お出かけする時は避けたいことです! 


おおやまれんげ(大山蓮華)
20070510090835.jpg

ルビーのような鮮紅色のおしべが際立つ端正な大輪花。奥ゆかしく下向きに咲く。

クリックして下さい

つぼみ
20070510090904.jpg

すずらんの姉の庭より
初物の「竹の子」です!“旬”の味。        「もくれん」
竹の子が静岡の親戚から宅急便で届きました。初物です。早速夕食に間に合うようにお料理。米ぬかと赤とうがらしを入れて下ゆでしてみました。新鮮なこともあり、定番の味付けでたべました。(出し汁,みりん、酒、醤油など・・)旬の物はとてもおいしい~です!!。
素材が良いとシンプルメニューで。
この竹の子を最初に食べた人って偉いと思いますよね。
之から出ます、こごみとかワラビ、ぜんまい・・なども。ちなみに竹の子の下ゆでしたものは、いろいろなお料理に少しずつ
使えるので便利です。 

20070417135900.jpg

すずらんの姉の庭より・・もくれん(木蓮)暗紫色をよく見かけますし、白も、しかし之は「クリーム色のもくれん」なので珍しい!
20070418170934.jpg

       写真をクリックして下さい