ピンクすずらん姫
夢は希望を持ちながらあるくことかな?
「工房まひろ」で「トンボ玉」作り
   


雨がしとしと降る寒い日です~~♪

3月から、ゆっくりした時間がとれないかも・・
と思って、気持が焦ります。

2回目となるトンボ玉を作りに行ってきました。
しばらくは、作りには行けないと思って動画もお願しました。
2回位では直ぐに忘れるので、メモ代わりにです。

トンボ玉作りでは、イケメン先生が全部用意をしてくれます。

と とん2
とん4 とん3
とん5
1、ガラスを巻き付ける鉄の棒(上の左)
2、バーナー(上の右)
3、色ガラス棒(中の左)
4、出来上がった作品を冷ます灰(中の右)
5、作品作り(下)



トンボ玉作り
1、バーナーに鉄棒とガラスを暖めて溶かし鉄棒に巻き付けていきます
2、他の色ガラスも溶かしてのせます
3、火から離したり、近づけたりして形を作ります
4、次々と想像する形を考えて、コテにのせたりして整えます





私がはじめて作ったトンボ玉です

とんぼ1




本日2回目で作った作品です
白・黒が好み・・(笑)

とんぼ2



イケメン先生の作品
帯止め、ネックレス・・
複雑な模様ができます
とんぼ3


何事も経験、体験しなければ~~~♪

極めることは出来なくてもいいんです、

やりたい事はやってから考えることにします。

そうすると何かが見つかると思います~~~♪


    


追記です~~♪
イケメン先生(大塚さん)
の他の作品紹介。

ま13
ま11
NO9 「工房まひろ」裂き織り・さをり織り・とんぼ玉・着物リメイク展
       


各地で雪のたよりが届いています~~♪
12月もアッと言う間に終わりそう・・・・(笑)

久しぶりに「工房 まひろ」に行ってきました。
さん、ひろさん、姉妹は友人です。

ハガキが届きました。
ま1
裂き織り・さをり織り・着物リメイク・とんぼ玉展




着物リメイクでは

半纏がコートに作っています。
粋だわねぇ~~!!私が着てみたい・・・です。

ま4
前からは・・・
ま19



藍色とカスリの模様です
カスリの模様は懐かしいです、モンペという名も・・・わかる?

ま14

紬を使ってのバックは軽いです。

ま3

前掛けでもバックを・・
酒屋さんのおじさん達が使っていた様な?欲しい前掛けが・・・

ま2

織りでは、マフラーなどの小物がたくさん揃っています。

ま8

私は、これが好きな作品でした~~

ま6

織りのバックはシックでいい風合いにできていました。

ま9


とんぼ玉と木の作品は大塚さんのです。

数日後に「とんぼ玉のピアス」を教えて頂きます~~~!
今から楽しみにしていますよ、大塚先生。よろしく~~~~~~♪

ま13

髪飾りやスプーンは使いやすいです。

ま11






我家もはじまりましたよ~~~ 
クリスマスが近づいて来るので、

庭から飾り付けをしました~~♪
(これは撮影の為 家の中に・・です)

ま15

手前から「ミニシクラメンの赤・白」フリルがかわいい~です。
ツリーの形は「サントリナ」と ミニバラ
☆の形が大好きで「サザンクロス」は白い花
ま120




年中行事を暮らしの中のいろどりとして取り入れること
楽しんで生きる方法の一つでしょう~~~♪



  


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
※ 12月10日(木)
今年最後?の歯科検診に行ってきま~~す。
一日留守に致します。明るい病人より・・(笑)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 歯科から帰ってきました~~♪ 
今年の通院はお・し・ま・いです。
どこを探しても異常は見つかりませんでした 
でもって、残り少ない今年を大いにはじける!?かも~~~(笑)
     おしとやかなスズランでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





NO8 「工房まひろ」 織り・とんぼ玉・こけ玉 展
    「工房まひろ」は友人です


        


久ぶりに「工房まひろ」展 が自宅で開催です。

6月は会津の「工人まつり」に出店などで忙しい事が続いていたあとの開催でした。

  




 今回は裂き織糸織りの服バッグ・ポーチなどの小物と
とんぼ玉のペンダント・帯止め 
心和むこけ玉などを展示即売しておりました。  



会場となる「工房まひろ」は大勢の人で混雑をしていましたが、しっかり写真を写してきましたのでご覧下さい。

 新作です・・色合いが可愛いです~♪ まひろの先生作品帽子がお揃いです。

m2


 ブルーの色が奇麗!

m4


 お仲間の作品

m3


バック

m1


 壁掛け?にはポッケが・・

m7


 とんぼ玉は大変美しいモノです。
   ペンダント・帯止めにします。何個か持っていますが重宝しています。

m6


 こけ玉は残りが少なかったです。

m5


入り口横に植えてありました。ヘリクリサム・ペティオラレ
葉や茎に白い毛が密生して、白い粉をまいたようです。

m8


小さい花ですが・・よく見ると可愛らしい花です。

m9


私は 好きなものを選んで身につけますが
今回は織りの帽子と草木染めのショールを買ってきました。

m11


早速 帽子をかぶって帰ってきました。
お~ぉ 可愛いかな?? 
タオラーではありません!  ※ タオラー・・タオルを頭にまいている今時の若者のファッション。

髪が短いのですが、後ろのふさがアクセントです。
顔も・・(笑)

m12


まひろのま様 ひ様 ありがとうございました。 



              あとでメールいれま~す。



No 7「工房まひろ」で 「陶展・いっかんばり展」
    「工房 まひろ」は友人です 


       

暖かな2月に「工房まひろ」で開催されました。

陽射しは春を思わせる陽気です。風がまだ冷たい日でしたが招待状が届きましたので、出かけて見てきました。
   
         まひろ016
今回は 
   船水 久美子作 陶展
   渡辺 恵美子のいっかんばり展 です
    

船水 久美子」さんの作品

IMG_3078招き猫

 この愛嬌のある微笑ましい“かお”にはなんとも言えない親しみが感じられ 福でもお金でも幸せでもどんどん入ってくるかのようです。         


IMG_3079ひな人形

 三月のひな祭りに飾りたい人形です、その他に何点か飾られていましたが この「おっとりした顔がいい」と思いました。


IMG_3075焼き物

 こちらはがらりと変わっての作品は「花器」でしょうか。



IMG_3076焼き物2

 器もからくさ模様のようなものが入っていて趣きがあります。


「渡辺 恵美子」さんの作品 

ここで「いっかんばり(一閑張り)」とは
 竹籠に和紙を貼り、その上から柿渋を塗った物を言います。軽くて丈夫、手触り良く 深い味わいがあります。



IMG_3081いつかんばり3

 この和紙に書いてある文字によってさまざまな趣きの作品が出来上がるのだそうです。



IMG_3073いっかんばり2

 ざるやペンケースなどの形のものでも和紙を貼るとぜんぜん違った感じになります。  



IMG_3072いつかんばり

 農家の方が使った道具のミニチァですが、後ろに写っている本がこの和紙として使われます。和紙に墨で文字がかかれています。



IMG_3074紐

 ひもは手提げの持ち手ぐらいの長さでした。帯締めとして使えるかな?と思ったのですが少し短かかったのです。

   
        

「工房 まひろ」からは 春の新作がお目見えです。

IMG_3088織りの新作


それとコートなどいろいろ展示されていました。
IMG_3083織りのコート


今回は「ゲストの方達の作品」を主に載せてみました。


           

NO 6 「工房 まひろ」の「仲間展」
ひさしぶりに「工房 まひろ」の「仲間展」が自宅で開かれました。
初日ですが、朝早くから沢山の人が訪れていました。その中には作品を出展した方もおり、陰ながらアピールしていましたので出きる事なら作者も顔入りで「写真」なども付けておくと良いんじゃないかなぁ~と思いましたが・・・。(農家の野菜と同じになってしまうかな?)

ハガキが私の所にも届きましたので早速出かけました。

IMG_2756ハガキ


 新作の「素敵なバック」もあります。 
IMG_2750バック

見た目にもスッキリして使いやすいデザインですし、軽いです。
単品で見てみますと  
IMG_2785バック単品

 その他のバック 
IMG_2764バック2

表の織りはもちろんの事中布がとても上品な布で出来ています、この
見えない所の配慮がたまりません。

 本人達もモデルさながら自分で仕立て上げた物を着てお招きしております。 
IMG_2748真理子

落ち着いた色合いは彼女のセンスがひかります。胸には「大塚さんの作品」をアクセントにし いい具合です。

 次は妹さんのモデルです。
IMG_2763裕子さん

ロング丈のスカートに短めの上着は流行の先端です。着こなすのが難しい物をさりげなく着る これが私流でしょう!

 また 大きな作品では「コタツカバー」ですが、使うのには汚れを気にしそうな丁寧な織りでした。 
IMG_2765コタツカバー

 その他の作品 
IMG_2751マフラー
IMG_2753作品1

IMG_2781真理子ズボン

 パンツもショールと合わせるとこんなに素敵になります。そのままレストランにお食事に行きたい装いでしょう!  

IMG_2806真理子さんのパンツ


 昔の「ミシン」も色どりに一役。私も使ったことがあるのでなつかしい!です。 
IMG_2760ミシン

 もうひとつは「お膳」です。昭和30年頃は自宅で「結婚式」などをしたときに良く使われたものです。
IMG_2774お膳


  いつも「トンボ玉」の素敵な作品を見せてくれる「大塚さん」の作品をいくつか紹介します。
IMG_2768トンボ玉1

 
IMG_2769トンボ玉2


 髪留め等も・・ 
 
IMG_2772髪留め
IMG_2775髪留め2
IMG_2766木の作品

この、大塚さんの作品は「木彫」にしろ「トンボ玉」などの作品でもわかる様に「とても繊細な才能が伺えます」し 眺めてみて、使ってみてもわかる様に「優しく 温かい作品」なんです。お人柄がそのまま現れている安心する品々だと、私はおもいます。

       

                     KIS15181.jpg






NO5「工房まひろ」世界に羽ばたく!・・NYで「さをり出品」
じゃ~ん! 工房まひろの作品が「ニューヨークへ」です。
日本国内に飽きて海外?と思いきや・・。そうでも無さそうです。
「さをり・SAORI」の作品を出品しました。
「工房まひろ」の「ま・ひろ・ふろく・・・3人」で弥次喜多付録道中とアメリカまでひとっ飛びです。  英語はペラペラ?なんで3人よれば何の心配も無いだろうと自信をもっての旅行です!
写真が届きましたので紹介します。
20070810220424.jpg

NYのSOHOの「The Puffin Room」というギャラリーが会場で、ブロードウェイから、10m位入ったところにあります。ギャラリー入口です。

20070810221210.jpg

 入口正面の壁に飾られたタペストリー、三枚のうち両脇二枚が「工房まひろ」作品です。堂々と飾られてありますと「I am・・・」と言いたいです。もうすこししっかり「英語」の勉強をしておけば良かった~・・・と思う事しかり。今度行くときまでには・・。ペラペラ

20070810221637.jpg
 「工房まひろの作品」 ほとんど絹糸で織りました。


20070810223929.jpg
 作品を着て会場入り・・美しい顔がほしい!です。もったいなくてみせられませ~ん・・だそうです。


20070810224223.jpg
 大人も子供もみんな自分の作品を身につけ、楽しそうでした。


20070810224413.jpg
  会場内に設けられた「ワークショップ」小さな子供でも簡単に織れます。 これからは沢山のやりたい事を身につけておいたもの勝ち~!です。



20070810224626.jpg
  「ファッションショー」に飛び入りでご機嫌!!です。
日本では、絶対こんな事はしない3人なのに信じられませ~ん

20070810224824.jpg
 
 NY、ミネソタ、カナダetcなどで「さをり織り」の日本人メンバーが教室を開いています。その中の方のご主人が、司会進行役(赤いポンチョを着ている方)。フリータイムの時は、ギターとパーカッションの生演奏。
こうして、「夢のようなひととき」を過ごし、日本へ帰ってきました。これをバネにこれからも素晴らしい作品がどんどん生まれる事を・・・・。
NO4 「工房まひろ」糸織り・裂き織り・とんぼ玉・こけ玉
今回 展示・販売の場所は「工房まひろ」になりました。(日立市)
会津の「工人祭」,その他外での展示・販売が多かったのですが、今回は
久々の「工房まひろ」でした。
まず、入り口の様子です。20070703165326.jpg

 
中の展示品 
20070703165632.jpg


多くの草木染めの作品 
20070703165700.jpg


糸織りの作品 
20070703165731.jpg


めがねケースなど 
20070703165759.jpg


20070703165837.jpg


砥部焼・・・窯元の友人の作品
20070703165915.jpg


こけ玉
20070703165950.jpg


木彫家 大塚 卓さんの作品  とんぼ玉
20070703170038.jpg

大塚さんの作品は素晴らしい「木彫」が数々ならんでおりました。
コンクール受賞作品等など・・・次回に詳しく。
NO3「工房まひろ」始めての「工人まつりに出店!」パチパチパチ・・・ 
会津の「工人祭り」に始めての出店です。  
笠間やいろいろな所で、展示、販売は慣れていると思いますが、
全国的に歴史のある(第21回)場所で「出店」できた事は、大きな意義があると思いますし、そこで、出会えた人々はそのすじでは「プロ」のかたなので、計り知れない物を
学んできた事と思います。
いろいろな世界を見てきた事にこれからの「工房まひろ」は豊かに広がっていくと、
私は思います。
       「工房まひろ」103 
20070613190114.jpg

20070613190155.jpg
中の様子
20070613190240.jpg

20070613190314.jpg
手製の「トンボ玉」を使ってのバック 
20070613190425.jpg

20070613190457.jpg
表が大漁旗で裏側が「鯉のぼり」の絵が描かれている「縁起のいい」布で出来ています、その布を使用。
20070613191606.jpg
   古い帯を「粋」に使っての。
20070613191719.jpg
シルクを草木染めで「のれん」とオシャレに。
20070613191856.jpg

NO2「工房まひろ」 会津「工人祭」に出店します♪♪ 只今準備中
会津の三島町で行なわれる「工人(こうじん)祭」に出店できます。

6月9日(土)~6月10日(日)の二日間です。

このお祭りは全国から訪れ、二日間で五千人以上が観光バスなどでやってきます。
会津は雪が深く、手仕事が盛んな町なんです。街全体が色々なことに協力しています。
その道で頑張ってきた人達の手仕事は、使い心地よく、使うほどに体になじみ、長持ちすると言われていますし、独創性にすぐれ飽きのこない事で有名です。
しかし、ここに「出店」するには大変なんです。
百店舗の出店なのに「全国から三百件以上位の申し込みがあり」
それを通らなければお店が出せません。今回はそれをクリアしての出店です。
只今 作品準備中です!

機織り機に糸を掛けて反物を織りあげます。
20070531220558.jpg


草木花などで染め上げます。ちなみに「絹糸です」
20070531220705.jpg


枠は別ですが中の布は「手で織った作品です」
20070531220614.jpg


帽子・バック等は完成しています。
20070531220802.jpg


襟巻きは表と裏のバランスや模様の配置などで大変です!
裏地(羽二重)は草木染めを主に使いリバーシブルに・・。       
20070531220750.jpg



帽子(紬)とマフラーは完成。とても軽く素敵です。配色もしっとり。  
20070531220717.jpg


木綿を草木染めで仕上げました。(布巾に仕上げたいと思います) 
20070531221106.jpg


   時間に余裕のある方はぜひ見に来て(福島県会津の三島町)くださ~い。
       
                      「工房まひろ」より
NO1「工房まひろ」糸織り・裂き織・まひろ展を見に行って・・・
   

友人の姉妹が織って作った作品を見て来ました。草木で染めたり、布を裂いたりとなかなか準備が大変らしいのに、それを丹念に織り進めて作品を作ります。配色といい,細かな織りといい、出来上がりは最高!なんです。 不器用な私には、気の遠くなる作業をしている彼女達には頭が下がります。「好きこそもののなんて・・遥かに過ぎていることです」出来た作品は世界に一つだけのものです。    少し紹介します.                           
     
      まず入り口        写真をクリックして下さい
20070419163723.jpg

お姉さんの草木染めで織った作品
20070419163953.jpg
妹さんの作品
20070419164120.jpg
その他の作品
20070419164246.jpg
バック
20070419164325.jpg

テーブルクロスやコースターなども展示されていまして、しばし目の保養ってとこでした。このひとつを作るのにはさまざまな行程を経て作るんですもの、たいへんだ~と思いますよね。これからも “がんばって” ください。 
      

織り機 
20070419171843.jpg