ピンクすずらん姫
夢は希望を持ちながらあるくことかな?
列車の旅「磐越西線~只見線」NO3
会津に行くのに電車を乗り継ぎ行ってきました。
雨が少し降っていたのです。まず、常磐線では「駆け込み乗車」をした、
若い娘さん、乗ったとたんに「すってんころり」と大勢の乗客の見ているまえで
スライディングです。「あっ」「シーン」との中の出来事。それを見ぬ振りの中で、年配の方
「大丈夫」「はい」 やれやれ・・・と思いました。
駆け込み乗車は気をつけたいものです、特に雨降りには。

磐越西線の「会津若松」は「あかべこ」を沢山みかけます。
20070613005334.jpg
改札口にも、
20070613005422.jpg
電車の前にも
20070613005501.jpg
電車の横にも・・・。

会津地方で牛のことを「べこ」と言います。昔,木材運搬に使用された「牛」で
最後まで働き通したのが、赤色の牛だったそうです。

民芸品と違って「愛嬌」のあるベコなのでかわいいのです。
絵やイラストに興味ある私は楽しくなりました。

只見線の電車は「扇風機」が取り付けてあり、今はなかなか見られないのでなんか
なつかしく思いました。
20070613011348.jpg

会津「工人祭」その他・・NO2
「会津工人まつり」は写真だけでいっぱい,いっぱいでしたが、余韻を楽しみたいので、
何枚か載せてみたいとおもいます。

20070612185208.jpg
「会場に一番近い「会津西方駅」無人駅なんです。

20070612192654.jpg
駅の出口から近道で会場ヘ、歩いて15分位です。

IMG_1385.jpg

20070612192744.jpg

全国各地から様々な工芸品が100店以上集まり展示即売されます。

20070612192811.jpg

20070612192847.jpg

「生活工芸館」ではさまざまなものが展示されていました。

20070612192916.jpg

今年の「ポスター」です。
会津「工人祭」に駆け足で・・・NO1       雪の下(ゆきのした)
会津の三島町で開催された「工人祭」を見に行ってきました。
朝、8時に出発(家)をして、勝田駅から、小山、郡山、会津若松、と乗り換えをして会津西方駅下車です。
西方駅は無人駅ですし、人には誰も出会わないし、タクシーやお店、自動販売機もなく、そこからテクテク歩いて15分目的地に到着した頃は、終わりに近く
(15時)そろそろ片付けを始めた頃でした。
「工人祭」の場所には30分位でしたが、この地に立たせて頂いて良かったと思いました。
それぞれの「想い」が森に集うとき・・・とうたわれているように展示・即売・体験・交流・イベント・美味・・と私はできませんで、すぐ時間を見て帰りましたがそれが、かえって今度こそ・・と余韻を残してくれました。
まずはこの地に出店できた事に、なにものにも代え難い経験をした「まひろ工房」の皆さん、お疲れさまでした。
会場入り口

20070611163623.jpg

決められた大きさで100店以上が並んでいました。

20070611163815.jpg


雪の下・・・民間薬として、火傷や腫れ物にもちいる。
すずらんの姉の庭より
20070611163315.jpg

クリックして下さい
yasou81yukino.jpg

会津「工人祭」7時間かけて電車で!     星咲き雪の下
会津の三島町で開催される「工人祭」を電車に乗り継ぎ行きます。
勝田駅で「切符」を買ってきました。
車で行くほうが、ひたちなか市からは早く、便利に行く事ができるのですが、
何しろ「方向オンチ」なんです。
勝田駅員さんにいろいろたずねた所、どんな方法でも「7時間(片道)はかかります。 という事でした。 
「えきねっと」で調べて頂きましても、3回~4回は乗り継ぎがあります。

「工人祭」は一時間ぐらいしか見物できなくとも「工人祭の雰囲気、空気」を肌で感じて見たくて、「小旅行」と楽しんで「日帰り」でいきたいとおもいます。

思ったときに見ないと、来年どうなるか?分からないでしょう!
今、出来る事、やれる事、やって見たい事はあとまわしにしないでするのが一番!です。
   後悔先に立たずとならないために・・・・

20070606153345.jpg
本日、携帯ストラップを今までの「戦闘モード」から「職人さん」に変えて
  お友達に “応援のエール・フレ~♪フレ~♪「まひろ工房」
でしょうか”

星咲き雪の下(ほしざきゆきのした)・・花弁が退化してオシベと同じくらい   
                   の大きさになり、星のように見えます。

20070606154142.jpg

クイックして下さい
20070606154211.jpg
すずらんの姉の庭より