ピンクすずらん姫
夢は希望を持ちながらあるくことかな?
ほのぼの ほのぼの・・・


7月14日(水)

umi.jpg
(大洗の海)

朝早く起きる姑が「布団で寝てます」
両足の膝と腰が痛くて起きられないと・・・・
私「・・・・・」

我家の一大事と 仕事を休み
病院に行って「訳を話し、痛み止めの薬」を頂いてきました。
朝と昼の食後飲んだ彼女は「何事もないかのように」イスに座ってます。

「私・・・・朝の痛みは?」
「姑・・・・朝から痛みはありませんでしたよ!」
「私・・・・・」


朝から心配して~~~

すべてはアキラメ状態だったのに・・・パソコン・ブログ・海
(少々オーバーかな?)

これから続くんですネェ~~~~~。  ANA25008.jpg

ひとまず ホッです!




7月13日(火)

今の結婚式場では
いろいろ工夫をこらしてますネ。
ちょっと覗いちゃいました~~~♪ (忘れていたあの頃・・)

キャンドルの種類もたくさんあり、楽しそうでした~♪

昔とは大違いキャンドル(笑)

キャンドル1
色がブルー・ピンク・・と変わったりします。

キャンドル3ドライアイスを使ったり


式場のモデルさんです


鬱陶しい梅雨に 
ほのぼの ほのぼの~♪でした。 
                   

                     ANA23002.jpg





お歳暮は地元のです~~~♪
  




12月も中旬ですが~~~♪
やっと お歳暮が終わってホッとしてます。
これからが暮にかけて本番と言う事です。(気合いは十分ですが・・・・)



この時期 ケヤキもすっかり葉が落ちてしまいましたよ・・。
l1


お世話になったあの方に~~と毎年今の時期は送ってます。

近くのJAにはどこに行っても「干し芋」がたくさん並んでいる
「ひたちなか市」です。
l2

干し芋のいもは「玉豊」の種類が多い中、人気商品は「いずみ」です。
今回はこの「いずみ」をお歳暮に送りました。

l3




べっこう色をして、甘~~いんです。
作り立てはペタペタして歯にくっつきます。
かたくなってしまったら「オーブントースター」などで軽く焼きますと風味がでておいしく食べられます。

l4

ひたちなか市「さつまいもが特産」です。
その他にもこんなものも出回ってます。
レンジでチンして、ほっこり ほっかほかのやきいもクリック)の出来上がりです。
             
要はさつまいもだらけの地域です・・・・(笑)

l5

l6   l7


それとカステラです。

水戸市の駿河屋さんです。
かすていらと書いてあります。
カステラを買い求めると切れ端が必ずついてます
気持が嬉しいですし、試食を兼ねて~~♪

l12




頂きものには舟納豆クリック)も茨城名物としてあるんです。
水戸納豆も有名ですが・・・。

l8




今年も頑張って作ります。
使い古したタオルで雑巾
新しいタオルで「ハンドタオル」

寄付するのには雑巾は同じですが、ハンドタオルはデザインは変えて作ります。
今回はコレを真似て作ってます。

l9

ちなみに昨年はコレクリック)でした。

く1




大好きな椿 (玉之浦)
l10



悲鳴(姫)をあげないで頑張ってますよ~~~♪ 

皆さまも、元気で頑張ってください。 

   




追記です~~♪

そばの実入り納豆・・wakaさんの質問にお答えして。
上にそばの実を出して写しました。(少し黒い小さな粒)
そばの実は納豆と同じ味でした。ァハハハ
蕎麦
マラソン大会に行ってきました。  追記!
  



青空のいい天気になりました~~♪
マラソン大会に行ってきましたよ、応援もしっかりやってきました。

午前10時頃はこの人ごみです。

m.jpg



会場は フルマラソン、10キロ・・と時間を区切って走ります~~♪
携帯電話で居場所を確かめ合えるから、いい時代です。

m2


スタート開始は花火でお知らせします。

m3 m4



一斉に走ります・・・何処にいるの~~??

m5

沿道では、お子さん達も応援でした。

m6

テントがたくさんあって着替えや仮眠をとっていたのかなぁ・・
全国から集まります。ランナーは13,000人・・とか

m7
~~~~~~~~~~~~
フルマラソンの部
男子 6,812名
女子 1,018名

10kmの部
男子 5,513名 
女子 1798名

合計 14,781名でした。
~~~~~~~~~~~~~~~~~




会場脇では、無料の飲み物がたくさんあります。
甘酒、ホットドリンクなど
m8

m9

出店は行列が出来・・・
m10




参加賞は完走イモ完走した人にはゼッケンと引き換えにTシャツでした。

m11m12


中にはコスプレ走者もいて楽しませてくれました。
m13


はじめて会場に入りましたが、同じ世代の方が元気に走っているのをみたりして
荷物持ちと応援にいったのですが
元気をたくさん頂いて帰ってきました~~♪


何でもいい・・

体が動くうちは多いに動かしていたいです。


            








追記です~~~♪


明日27日(火)は袋田の滝(氷結)を見に行く予定です・・・よ。
留守にしますから、遊びに来ても日中は私は留守ですよ・・(笑)

※・・雪は無理なので氷に気持変えます~~~♪





「きみよ勝田の風になれ」応援よろしく~~~!
   



2009年 1月25日(日)

今年もやって来ました「勝田マラソン大会」です。
※ひたちなか市は勝田市と那珂湊市が合併した市

応援よろしくお願します~~~♪  

「きみよ勝田の風になれ」をスローガンに今年も恒例のマラソン大会です。

ま

毎年、沿道で新聞社からの旗を持っての応援でしたが・・
今年は荷物持ちですから、スタート地点あたりで待っています。
ちなみ荷物を預かる人がいない走る方は黒いビニール袋に入れて置いておくらしいです・・
ま3
写真はお借りしました。


町中のスタートですから交通規制や手荷物が大変なのです。

ま2

寒さ対策にカイロも2個、用意しました~~♪
カメラも2個準備しました。
出来れば写真も写したいけれど、個人保護法で・・・・

ま5

毎回上位入賞ランナーは若干名ボストンマラソンに派遣されます。

参加賞は完走いも(干し芋・乾燥いも)Tシャツです。
ま4


スポーツジムでも何名か参加します、
ここでも「マラソン大会」について

そのうちに走りたいよ~~と言う人
無理しないで走って、長く育てている人~~がいます。

どうでもいいけれど・・・・・・頑張る人を応援したいです。

   




追記ですぅ~~♪

元気です~~~~!
お客様がきますので、夕方にコメいれます~~~ エヘッ!!(22日)






第57回 勝田全国マラソン大会
  








ふくやぎさまから

勝田マラソンの交通規制を聞かれましたのでUPしました。

交通規制は・・午前11時~午後15時までですが。



勝田マラソン


コース

勝田マラソン2


規制の時間が入っていますが、見えますか?
しかし、市内は午後15時に信号が解除ですが、ランナーはかなりいますよ~~♪



勝田マラソン3



以上報告でした。

メリークリスマス~♡
皆様へ

久美子カード



                 
国民文化祭って何?
      



明日から11月になります~^^

「第23回国民文化祭・いばらき2008」が開催されます。

国民文化祭の目的と内容

  日頃、全国各地で国民が行っている各種の文化活動を、全国的な規模で発表し、競演 し、交流する場を提供することにより、広く文化活動への参加の機運を高め、新しい芸 術文化の創造を促し、併せて地域文化の振興に寄与することを目的としています。
民俗芸能、民謡、オーケストラ、合唱、吹奏楽、演劇、舞踊、邦楽、吟詠剣詩舞、文 芸、美術及びお茶、お華などの生活文化等の分野において、各都道府県から推薦された 出演団体による公演や全国からの応募作品の展示・展覧会などの多彩な事業を行います。

と言う事だったのですね。知らなかったです。

平成20年11月1日(土)~9日(日)



マスコットキャラクターの名まえは「ハッスル黄門」さま。
い7


~県土すべてが文化の舞台(ステージ)へ~
イベントがたくさん!
茨城県



近くの那珂市の那珂総合公園内の会場も明日の準備に忙しそうでした~♪
ここは
ひまわりフェスティバル2008です。

い1

会場周辺に、約4,2haひまわり畑を開催時期に間に合わせましたと・・。

い5

ひまわりを使った迷路もありましたが・・
花を眺めるには花丈が~~~2m以上です。

い3

この時期に奇麗なひまわりでした。

い4

下からでは良く見えないので、車を台にして写す感じです。
高い所から見下ろせると良かったかな? む~残念です。
明日からはどうするのか?と思いましたよ~♪

い2






水戸のメイン会場は茨城県立県民文化センターです。
千波湖の近くの会場でも準備に大忙しの様子です。
千波湖の公園はちらほら紅葉です。 

い16

コクチョウも歓迎の準備かな? いいですね~~~!
※頭に白い冠は「オオバン」といいます。

い10

わかりました~~と

い9

もう一度、会議を・・!?

い8


イベントは準備はもちろん警備やお天気まで細心の注意を払わなければならないので大変でしょう!


成功を見守ります~~。 


い17
おばさん黄門が・・!失礼致しました、私だよ~ん(笑) 



明日はディズニーシーに行ってきます。
11月1日(土)日帰りで~~~♪

少し放電してきますね~~  


  

 







残暑お見舞い申し上げます
残暑お見舞い申しあげます~♪

勝浦 
勝浦の海

お盆でしばらくUPできません、ごめんなさい。
みなさんもオリンピックをみながら元気をもらってくださ~い。
ピンクすずらん姫 


※ 遊びには来て下さいね!


17日(日)
西伊豆の黄金崎にダイビングに行ってきます。朝2時出発!おぉ~~
16日(土)今夜は大雨とカミナリで最悪の天気
でも明日は行っちゃいま~すね!
(^0^*)/♪  


輪投げに参加しました
     

久しぶりのお天気でしたが地域の行事に参加です。

朝早くから「ゴミ拾い」ですが、これは毎年美化活動の一環として行なっているようです。
常会の副で来年は常会長ですが(これは順番)ひたちなか市は一斉に行なっているのかしら?

目的の場所までに道路のゴミを拾って行くのですが、そんなに遠くない距離なのでゴミ等あまりありません。袋に一杯ゴミが集まる事こそ問題でしょうね。

ひたちなか市は緑が燃えるゴミ 黄色が燃えないゴミ
かなり大きい袋を配られました!

q1



ゴミが終わったら、今度は「三世代のスポーツ大会」に参加です。
毎年開催されていますが人数が足りないので頭数?なのです。
役員のための?・・なんて思って行ってみました。

この輪投げです。たて、横60センチのボードと
直径16センチの輪です。
大人は4m こどもは3mの距離から投げます。

q2


最年長は85歳~幼稚園位でチーム作りと後はまぜまぜチーム。(チーム4名)
ここに来るまでは「わなげ~」と思っていても、元気なお年寄りがハツラツして投げている姿には元気をもらいましたし知らないお父さんたちと和気あいあいと応援しながらは楽しい~時間でした。 
初めてやる私はまぐれが多いかな?
地域の行事はどちらかというと役員が仕方なく参加することがありますが何処の地域でもそうらしいです。

q3




久しぶりの庭でのひととき~ ♪

庭のジャガイモの花ですが、種類によりはなのいろが微妙に違う事が 初めてわかりました!(ホッカイコガネ)

q4


見た事がないも咲き始めました。五月かな?

かざぐるまのようです~~~~ 

q5


セイヨウシャクナゲも晴れた日には美しくみえます。

q6


カルミアの花もコンペイ糖のような花を咲かせます。
たくさんある種類のなか、これが一番早く咲きます。

q7


この頃は昔ほど 隣の人はもちろん、少し離れたところの人達とお話をする機会がほとんどありませんが、こうした行事に参加する事によってみんなの輪が出きてたまにはいい感じかな?と思いました。

今の80歳代は気持も体もとっても若いです。人間長く生きているけれど楽しく 明るく 仲良く・・は見ていても気持がいいものですね~ぇ。

長生きにばんざ~いです。

お世話になりました。


「水戸の梅まつり」でマイク真木さんを・・
「第112回 水戸の梅まつり」に行ってきました。

早春の温かさと香りに誘われて、いつもの年より早く行きました。ひたちなか市からは近いので毎年、土・日は避けて出かけるのですが、天気がいいので日曜日にです。

 水戸のおまつりは「梅まつり・桜まつり・つつじまつり・あじさいまつり・黄門まつり・萩まつり etc」といろいろあるんです。

千波湖の近くの臨時駐車場はもういっぱいの状態です。
きっと遠くからいらっしゃる方が多い様です。

  偕楽園図
IMG_3165偕楽園図

千波湖では鳥たちが歓迎してくれます。
白鳥水戸


陸橋からは「観梅の期間だけこの臨時駅」が見えます。
IMG_3180臨時駅

 上野発の下り方面「土・日・祭日」だけ停車するそうですと隣で電車を見ていた方が親切に教えて下さいました。ど~もありがとう!
IMG_3183臨時駅2

ここから見渡しますと 観梅はもう少しあとの日が良いかも?と思いますね! 本日は3月2日(日)

期間 平成20年2月20日(水)~3月31日(月)

IMG_3148梅

それでも紅梅、白梅は 奇麗に咲いています。
IMG_3162紅梅

白梅の咲き方が紅梅に比べると遅い気がします。
IMG_3163白梅


ここで「マイク真木さん」にお会いしました。あの「バラが咲いた~ バラが咲いた~♪・・」のです。

本当は後ろに写っている方の野点茶会(裏千家)を見たかったのですが・・・。

IMG_3152私?

NHK水戸放送局の方が「カメラをこちらに・・」いやいや違いますよ~。

マイク真木さんは梅大使の娘さんと登場です。

IMG_3153マイクさん

素敵なシニアのマイク真木さんです。
趣味が多彩で憧れの方です。 

マイク真木さんは本籍が水戸で、只今「水戸大使」をしています。おそらく先祖は・・とこの間テレビでお話をされていました。

IMG_3156マイクさんと梅娘2

芸能人の方でも滅多に写真は写さないのですが、放送中なので私も参加してしまいました。
IMG_3158シニアのマイクさん

ついでに「水戸黄門さまご一行」もどうぞ写して下さ~い と言われましたので「パチリ」です。どうもテレビ取材なので特別に参加された様です。
IMG_3159水戸黄門


その他 いろいろな催しものがありました。

別の所では奇麗なお姉さんが舞を披露しておりました。
IMG_3168揺


水戸のお土産ものは 納豆はじめたくさんありますが、試食では「納豆飴とせんべい」を食べました。
IMG_3166納豆菓子

納豆飴はなめ終わりのころ、ねばねばが口の中に広がるのでおそらく納豆を入れてあめで包んでいるのかも?あとでもう一度買い求めて調べてみたい「納豆飴」です。

さて最後には自分の為に
飴細工の「ドラえもんと目玉のおやじ」を買い満足!

IMG_3189飴細工

パソコンでドラえもんをかきました・・くらい大好きです。
  ピンクすずらん姫 作
     終わりのどら
 
記念に「真っ赤な花の咲いている ぼけ(木瓜)の盆栽」をひとつ。

「木瓜」という漢「名の(音読み)のぼっか「もっか」が転じてぼけに。実が瓜に似ているのでらしいです。

IMG_3198ぼけ


スローライフ(ほんの少しの工夫でゆったりと豊かに暮らす・・自分らしく)」と「スローフード(その土地の伝統的な食文化や食材を見直す)」にアンテナを伸ばし始めたので、地域での発見には驚かされることが沢山でて来そうな予感です。

でも自分で探そうとしなければ何も見つける事は出来ないものなのかな~とも思います。
そ~れ!...






行事や茨城の習慣 NO1  節分・ひな祭りなど
そろそろ1月も終わりになってしまいます。一ヶ月はアッと言う間に過ぎてしまいます。

そこでこれからは「さまざまな行事や茨城の習慣」もブログに載せたいと思いました。
今までなんの気なしに行なっていた習慣などはあまり気にも留めないで皆がやるから~位の事で終わりにしていましたが、先日 友人のお子さんが “おめでた” で腹帯をすることがわかりました。確かに私も遥か昔に・・。

そこでいろいろな事には「訳」がありその事がハッキリしないままに今迄来てしまったのです。これを機会に「それはなぜ?」と思ったので自分が納得いくようにしようと思いました。

  節分・・立春の前日の二月三日を節分といいます。もともとは立春、立夏、立秋、立冬の前日をそれぞれ節分と呼んでいましたが、現在は立春のみを節分といいます。豆まきはふつう節分の夜に行います。  

 豆まきは季節の変わり目に起こる災害や疫病などを鬼に見立てて追い払おうとするもの。
そのとき「柊と大豆の木と共に束にしてイワシの頭をさし、悪臭と共に柊のトゲで鬼の目を刺し、鬼を退散させるという。 玄関・門戸へかかげ、厄払いをします。

節分

 今はスーパーで買えます。

 帯祝い・・妊娠五ヶ月頃の戌(いぬ)の日に安産を願って行なわれてきた古くからの習慣です。戌の日に行なわれるのは、犬が多産でお産も軽いこと。 

安産祈願は県内は真壁郡大和村の雨引観音、水戸市の六地蔵が有名。

 桃の節句・・三月三日は桃の節句。ひな人形を飾り、女の子の成長を祝います。  

 ひな人形には、衣装人形や木目込み人形などがあります。
ひな人形のひな段の段数は、関西地方では偶数に、また関東地方では奇数になるのが一般的です。飾りつけは一~二週間前に行ない、祭りが終わったら翌日はすぐにしまいます。いつまでも飾っておくと、縁遠くなってしまうと言われています。
しかし段飾りは飾るのも しまうのも 手間がかかるので子供が生まれて2~3年は一生懸命飾りますが後はだんだん飾るのを止めてしまう家が多くなってきています。この頃はケースのなかに収まっているものを求める人が多くなってきているらしいです。(場所もとらない)

 

我が家でも 早々飾りました。
ひな飾り

2~3年私の病気もあり飾る事はしなかったのですが、今年は早々飾りました。特に男びなと女びなの顔が好きなのです。「おひな様は顔がいのち~♪♪ と言われるのがわかります」この顔を見ていると「優しい気持がしてきます」
 男びな
男びな


 女びな
女びな


これらの事でもわかるように、様々な行事が毎日のようにありますが、誰も教えてくれなかった、知らなかったと言うよりは、これから知らない事を学んで自分自身の知識として心の引き出しにでもしまい、やがて引き出しをいっぱいにしたいと思いました。

これからは「バレンタインデー」「ホワイトデー」なども控えているのに・・・・
  

参考資料としては、この本を主に見ています。
本