ピンクすずらん姫
夢は希望を持ちながらあるくことかな?
NO1・・「形成手術」あごの病気(エナメル芽細胞腫)
平成17年9月に「エナメル芽細胞腫」で入院.
この病気はどうも先天的なようです。歯茎が腫れて来ますし痛くはありません。
1回~2回は歯を二本位抜いて、骨を削り悪い所を取りますが(入院して)、3回目となりますとそれも出来ず、下あごを三分の二位切り取って(当然歯もなくなります)その代わりに肩の肩甲骨を移植(骨と肉)するというものです。
手術時間は12時間という長いものです。そのくらい大変な手術だったようです。
術後の顔は「この世のものとは思えないような変わり果てたものでした。△おにぎりの形です。」体中から何本もの管が下がり、まるでチュウ-ブ怪獣のようです。
これは、病院の「耳鼻咽喉科」で診察を受けます。このときの先生との出会いがラッキーでした。これがなければ、おそらく今は「あご」がなかったかもしれません。「耳鼻咽喉科」と「形成外科」の先生には”感謝、感謝で一杯です。”
あれから一年半過ぎて、ようやく「キズ」も落ち着き、今回そのキズを薄くか目立たなくして頂く為に「形成手術」をしました。

形成手術前のキズの様子です。

20070421204810.jpg

唇の下に縦に線が入り、首にはケロイド状の傷跡、のどには器官を切開したあとのくぼみ
ができました。そのためにあごのラインが気になりました。

次はいよいよ「形成手術」になります。(NO2)
ブログを再開します!           おだまき草
形成手術を終えて無事退院してきました。 
予定より早く逃げ帰って来たので、しばらくの間は通院です。

病室は6人部屋、年配の方が多く腰やひざ、骨折などで命にかかわる様な事が無い方ばかりなので、雰囲気としては明るい感じです。 私も手術当日はベットの上でしたがそれ以外の日は、皆さんの食事をした後の片ずけなどをしたりして過ごしていました。「ひとにしてもらうより、他人のために何かをしてあげられる事の方が幸せな事だとおもいます小さな親切 おおきなおせわにならないように、結構小さくまとまっていた入院生活でした。
        


次からは、形成の様子を載せてみたいと思います。すこし気持が悪いかもしれませんが、体験した本人でなければなかなかわかりませんから。

おだまき草

20070430210138.jpg



クリックしてください

すずらんの姉の庭より・・・いろいろな色があるそうなんです。
20070503122044.jpg

ブログを少しお休みします。           「大輪トキソウ」
 入院・入院準備の為に少しブログをお休みします。  

たいした入院でなくとも、家庭の主婦が家を留守にする事は大変なんです!。
留守のときに食材は?とか、トイレットペーパーは、ゴミ袋は・・・もろもろと。まるで海外旅行にでも行くかのような気の配り様です。常にいるのが当たり前・・・となっているわけでもありません。「もし、私がいなくなったら?」と考えて行動してはいるのです。それでも、いざとなるといろいろな事がでてくるんですね。まあ、なるようにしかならないんですが・・・。それでは失礼いたします。             

  大輪トキソウ(朱鷺草)または台湾トキソウ

20070421184610.jpg



20070421184932.jpg


 うすい桃色を「朱鷺色(ときいろ)というのです。花の色がこの色なのでそう言うらしいですが。・・・・すずらんの姉の庭より

自分自身をデジカメで写す!?           「日本さくら草」
  「形成手術」をするにあたり、ビフォアー・アフタァーではないけれど,形成にすごく興味があることだし、(経過はブログでのせたいと思います。)この機会を逃すと・・。自分で、同じ場所で、同じ服装で写そうと設定。そこで強い見方は何と言っても「鏡」です。鏡の前でいろいろやっている姿は誰にも見せられませ~ん。それでも顔の傷がどんな様子で治っていくのだろうと楽しみにさえ思います。      
  期待すること”無限”ですよ。
  
  
  日本さくら草・・日本原産の桜草、自生地はだんだん減ってきているそう!

 ”わが国は 草も桜が 咲きにけり” 小林一茶

20070421104903.jpg

20070421104845.jpg


 すずらんの姉の庭より20070503122548.jpg

いい年して・・・!?        「やまぶき」「やまぶき草」
 総会に出席しての「おばさん達の会話」で思ったこと。         いい年して、あんな格好。いい年してみっともない。~してなんにも出来ない。~してそんなことも分からない・・など。

いい年・・世の中のことがわかり、正しい判断のできる年頃

なぜか、自分のことは棚にあげて偉そうに話していたのを聞いて、ああ~いやだ、いやだ、と思った次第です。人の振り見て・・・です。  

やまぶき と やまぶき草 です。

20070420154302.jpg

これは「やまぶき』です。子供のころ 絵の具に”やまぶき色”がありました。   花弁は5枚。

20070420154617.jpg

これは「やまぶき草』です。    どちらも”やまぶきいろ”とよばれる鮮やかなきいろです。花弁は4枚。・・・すずらんの姉の庭より
白い色の山吹は始めて!

20070503123000.jpg

NO1「工房まひろ」糸織り・裂き織・まひろ展を見に行って・・・
   

友人の姉妹が織って作った作品を見て来ました。草木で染めたり、布を裂いたりとなかなか準備が大変らしいのに、それを丹念に織り進めて作品を作ります。配色といい,細かな織りといい、出来上がりは最高!なんです。 不器用な私には、気の遠くなる作業をしている彼女達には頭が下がります。「好きこそもののなんて・・遥かに過ぎていることです」出来た作品は世界に一つだけのものです。    少し紹介します.                           
     
      まず入り口        写真をクリックして下さい
20070419163723.jpg

お姉さんの草木染めで織った作品
20070419163953.jpg
妹さんの作品
20070419164120.jpg
その他の作品
20070419164246.jpg
バック
20070419164325.jpg

テーブルクロスやコースターなども展示されていまして、しばし目の保養ってとこでした。このひとつを作るのにはさまざまな行程を経て作るんですもの、たいへんだ~と思いますよね。これからも “がんばって” ください。 
      

織り機 
20070419171843.jpg

花冷え?なのかしら。              「くまがいそう」
 サクラの花の咲く頃に来る寒さ。まさに、花冷えでしようね。  
 
 今日の病院は様々の装いです。真冬の格好をしている年配の方や、薄着で震えている若い方など・・・。
院内はちょうどいい温度が保たれていますが、今の時期はいざという時のために

一枚上に羽織るものを持って出かけないと体調をくずす恐れが有りますね。               
                     


20070418165304.jpg

20070418165329.jpg

すずらんの姉の庭より・・くまがいそう(熊谷草)袋状の唇弁を、源平一の谷の戦いで、平敦盛(あつもり)を討った、熊谷次郎直実(なおざね)の背負っていた母衣(ほろ)に見立てたものと言われているそう。母衣とは鎧の背に負って矢を防ぐため兜の上から馬の頭部に掛けてかぶるようにした、袋状の布のことだそうです。
身辺整理をします。                  「椿」
 手術で出来たあごのキズを「形成手術」で少し薄くか目立たなくしていただくために、来週少し入院します。
もう年なんだし、老人になるときっとたてのしわで目立たなくなる!と言われますが、人の第一印象ってやっぱり60パーセント「顔」だと思います。 だってすぐに
心の中」なんて見えないと思います。 
  顔に傷をもってみてはじめて、他人の視線は  やはり・・・。   
 
いつも入院するたびに、大掃除?なのです。使わないものは思い切ってすてる。を基準に必要なものは置き場所を決めておく。物のあふれている今日、思い切りが良く無いとなかなか片ずかないものです。                            
       
手術前と後の経過はブログで書きたいと思います。


20070417143346.jpg

すずらんの姉の庭より・・椿のはなですが,花びらのなかがまあるくてかわいいいでしょう!
結婚記念日に新聞店からお花が・・          「にらばな」
朝一番!ちいさな花束が!・・結婚記念日なんでした。少し前までは分かっていましたが、今日すっかり忘れていました。なんと、新聞店から花束が届きました。思いがけず嬉しいことです。何年も結婚生活を送っていますとあの「初心忘るべからず」ということが薄れてくるんです。しっかりしなければ!!と言い聞かせる朝です。

今の時期,何処でも見られる花です。葉っぱが“にら”のにおいがするので、
「にらばな」
と呼ばれていますが、はたして本当の名まえなんでしょうか?四季を通していろいろと花が咲きますが、ほとんど名まえが分からない私なんです! 
    でも、
花を見て気分が悪くなる人は居ないと思いますよ、かえって心が癒されると思います。                             

20070417113911.jpg

すずらんの庭のです。これは白ですが,ブルーやピンクもみかけます。
「すずらん」に花芽が!             「すずらん」
なんと植物の成長は,はやいのでしょう!すずらんに花芽がついています。それもはやいものでは、あの、鈴の形になっています。白い花の咲く株のほうが、我が家では早く生長しています。鉢に植えている木も冬の間は枯れているようにも思える姿ですが、春になると柔らかい透き通るような薄緑のちいさな葉っぱをたくさんつけているのです。
植物といい植え木といい、誰に教えられることもなく時期が来るときちんと葉をつけたり、花芽をつけたり、まさに自然の営みには感心するばかりです。

 若い時にはあまり気がつかないことも、人生折り返しを過ぎるといろいろ見えてくるものですね。

すずらんの庭より・・花芽をつけた白いすずらん
20070417112948.jpg

「鯉のぼり」が泳いでいます。          「すいせん」
もう「鯉のぼり」の時期なんです。 端午の節句を迎えるにあたり鯉のぼりが、春風に気持良さそうに泳いでいますよ~。“コイは滝を登って竜になるという言い伝えから、男子の立身出世を祈って飾ります“が何処からでも見えるので、立派なんですね。ここに男の子が生まれましたと言わんばかりに知らせていますよね。               
ひたちなか海浜公園では「すいせんフェステバル」を行なっていてまさに春です。    
その公園の近くに映画館が有り「ナイトミュージアム」を見て来ました。真夜中の自然博物館を舞台に、展示物が動き回るという、ファンタジー映画です。恐竜だの、昔の英雄だの・・と。映画は疑似体験が出来るので大好きです。月2回は見てしまいます

すいせん

すいせん

すずらんの庭のすいせん・・写真をクリックしてみてください。20070418164348.jpg

美しい鳴き声の「うぐいす様」          「かたくり」
毎朝、「ホーホケキョ、ホーホケキョ」と何処から来るのか、だいたい同じ時間に来て10分ぐらい鳴いてくれます。別名「春告げ鳥」と言われるらしいのですが、朝がさわやか~に思えます。
声の良く無い私にとっては「尊敬する鳥の第1位」です。そういえば、うぐいす嬢・・・とかいって選挙等の時に活躍する女性のかたも良い声ですよね。本当に声が美しいことは、うらやましい限りです。鳥に嫉妬してどうする                   


20070417134033.jpg

すずらんの庭より・・かたくりの花、普通は淡い紫色で地下のりん茎からカタクリ粉をとりますが、これは黄色のカタクリなので欧米か?
いつでも夢を・・・(ルリスズメダイ)      「いかりそう」
何処かで聞いたことのある「いつでも夢を」・・・水槽に泳いでいる「ルリスズメダイ」のお掃除をするたびに思い出します。

 あごの手術の日も決まり、その一ヶ月前に「海に潜りたい」「私は魚になりたい!」とず~っと夢をみていましたから。もしかして?酸素のマスクがくわえられなくなってしまうかも・・とか、でも人間は土壇場に追い込まれると思いがけず不思議な力が湧いて来るものです。
早速、伊豆の大瀬崎まで行ってはじめてのダイビングです。おまけにCカードも取得。あれからもう2年近くになり今、「フッフッと」何かが騒いでいます。もうしばらくは我慢ですが。            
 
夢は沢山、たくさんあるとそれだけで幸せな気持になれますよ。 

葉っぱが「ハート」のかたち。(少しながめ・・・)
20070417070641.jpg

20070417070800.jpg

すずらんの姉の庭より・・いかりそう(錨草)・・花の形が船のいかりに似ているためです。葉はすこし長めのハートの形なんです!!
初物の「竹の子」です!“旬”の味。        「もくれん」
竹の子が静岡の親戚から宅急便で届きました。初物です。早速夕食に間に合うようにお料理。米ぬかと赤とうがらしを入れて下ゆでしてみました。新鮮なこともあり、定番の味付けでたべました。(出し汁,みりん、酒、醤油など・・)旬の物はとてもおいしい~です!!。
素材が良いとシンプルメニューで。
この竹の子を最初に食べた人って偉いと思いますよね。
之から出ます、こごみとかワラビ、ぜんまい・・なども。ちなみに竹の子の下ゆでしたものは、いろいろなお料理に少しずつ
使えるので便利です。 

20070417135900.jpg

すずらんの姉の庭より・・もくれん(木蓮)暗紫色をよく見かけますし、白も、しかし之は「クリーム色のもくれん」なので珍しい!
20070418170934.jpg

       写真をクリックして下さい
1キロ泳ぎます・・             「たいつりそう」
手術のリハビリを兼ねて、週2回はおよぎたいと思います。プールでは、毎回1キロ泳ぐことを目標にしています。自分のペースで泳ぎますので、のんびり?かも知れませんね。
 泳ぎにいって思うことが有ります。泳いだ後に、シャワーを浴びて、着替えをするのですが、その後に、70歳は過ぎていると思われる女性の方、きちんとお化粧をして自宅へ帰ります。家へ帰るのだから、「どうでもいい・なんでもいい」と思いがちになると思うのですが・・、誰に見せるのでもなく自分自身はいつも奇麗にしておきたい!と言っていた言葉に、私も少しは見習いたいと思いましたよ~。(~。~)/

名まえ?は・・・
たいつりそう

たいつりそう2

すずらんの姉の庭より・・・たいつりそう(けまんそう)は釣竿でタイを吊り上げたのに似ていて、鯛釣り草といいますが、形はどうも、イカかタコのよう!
桜並木をドライブ!               「さくら」
日立の歯科まで車を走らせました。道路沿いの桜並木の花はピークを過ぎてます。花びらが春風に踊らされているかのように、ヒラヒラと花吹雪!。今日の運転はちょっと得をした気分でした。
  病院では受付のお姉さんが、耳の遠い患者さんに大きな声で、ゆっくりと対応しているのを見てなぜか「ホッ」としました。お仕事とはいえ、さまざまの病気を抱えている人に接しているだけあってまさに「プロ」ですね。

私も相手の立場に立って物事を考えられる人になろうと!日々努力をしなければと改めて思いました。(^0^)

20070417135441.jpg

近くの公園のさくらです。
ピンクすずらんの芽がでました。       「クリスマスローズ」
庭に25株の苗を取りよせて植えた、ピンクすずらんの苗が見事に芽を出しています。     
昨年の11月に植えてからです。今まで何の変化もないようでしたが、すいせんの花やチューリップの花が一斉に咲き出したとたんに、ちいさな葉っぱの様なものを       身につけて芽を出して来ました。

それと、今ブームの「クリスマスローズ」が奇麗に咲いています。花びらのように見えるのは、実は「がく」なんですって

クリスマスローズ

クリスマスローズ2

すずらんの姉の庭より
始めてブログへGo~!!             「 ピンクすずらんの芽」
始めての「ブログ」デビューなんです。(*^0^)/
これから、50代後半である主婦の目線からいろいろと、思っていること・感じたこと、などを書いていきたいと思います。
まず、「ピンクすずらん・・・」なんて可愛い?でしょう。すずらんのあの白い花(特にピンク)が好きなのです。形も良いし、香りも良い、しかも葉っぱの陰で精一杯主張していること。  
すずらんは雑草で、毒もあるので牛や馬に食べられないので今までがんばって来たようです。
去年11月に苗を取り寄せて植えた「ピンクすずらん」の成長とともに私もブログで成長してみましょうと思います。

それと、周りで一生懸命咲いている花も載せてみたいと思います。

すずらん
すずらんの庭より・・・昨年11月に「ピンクすずらんの苗」1センチ位の芽が出たものを取り寄せて植えました。