ピンクすずらん姫
夢は希望を持ちながらあるくことかな?
♪ 新年おめでとうございます ♪
ブログ用年賀
☆ ありがとう ☆☆☆
今年を振り返って思う事は
     全てのものに
       
        “ありがとう”
       

          の言葉です。   
   
     ありがとう


♡ メリークリスマス ! ♡♡
ブログ用クリスマス
始めての「手打ち うどん作り」にチャレンジ ♪♪
クリスマスの音楽が街に流れ、お店も遊園地もクリスマス一色になってきました。
大人も子供も何かの行事に乗って楽しむ事ができるのはうれしい事だと私はおもいます。 
近所のお菓子屋さんでは洋服を変えてお出迎えの人形。

クリスマス人形

何とも言いようのない雰囲気を出してお手伝いをしているのです。

 行楽地では大きなツリーが飾られていて気分は「メリークリスマス」かな!  

ツリー


なかなか「クリスマスの時期」はディズニーランドには行く事が無かったのですが、普段の時よりも何かイベントが開かれているときは心が浮かれます。

外出が多かった12月の中旬ですが、久しぶりに家で はじめての「うどん作り」をしました。姉に一度は教えて貰っていますが・・・
    
       手打ち うどん作り   

 夜の間に、粉と塩水をつくり、混ぜ合わせて(よくこねて)ビニールにいれて寝かせ(熟成)ます。冬は一晩寝かせます。寝かせた うどんの玉 
うどんの玉


 この玉を麺棒を使ってのばしたり、足で踏んだりして、厚さ3mmになると「完成」です。 
うどんのし


  打ち終わった麺を打ち粉をふって「びょうぶたたみ」にして切ります。 
うどんたたむ

  専用の庖丁があれば便利ですが、家庭用の庖丁で切りました、要は切れればいいんです。なかなかの出来映えに、自分でも嬉しくなってきました。
うどん


  早速茹でて出来上がり!作った本人が言うのもなんですが「美味しい」です。
できたてを野菜たっぷりの「煮込みうどん」で食べましたが、コシがあり、愛情をたっぷり振りかけて作りましたので、市販のとはちょっと違うかな? 
ゆでる


1kgの粉を使って作りましたので、半分は冷凍生麺にしました。急なお客様が来ても「うどん鍋」でも出来る様に・・と思いました。

   

手打ちうどん作りは意外と簡単にできます、何度でもチャレンジしてみようとおもいました。

始めて何かを一人でする事に “ドキドキや迷い”がいつもありますが、この新鮮な感情こそが私の起爆剤になっているのかと思います。

食べ物を一から作っていく事は食育に重要だと私は常日頃思っていましたからとても良かったと思い、機会があればいろんなものを教えて頂きながらマスターしたいと思いました。

ちなみに
「食育」とは様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てる事   

                名刺用久美子











「大塚池」と「茨城新県庁」を見ながら
師走ともなると気持も忙しくなります。 
そんな中、姪の引越があり 手伝いをして来ました。
大塚の池から県庁の近くまでの引越ですが、一口で引越と言っても大変なことです。大まかな事はプロの方達がしますが、その後の片づけは やはり住人の仕事になります。
「立つ鳥後を濁さず」のことで私も応援に出かけました。しかし 「ガォ ガォ~」とまさに鳥の声です。そうなんです、近くが「大塚の池」です。しばし 手伝いを忘れて公園の散策です。

 「大塚池」は国道50号と50号バイパスの合流の近くに位置します。周囲2.5kmには遊歩道や木橋が設けられています。国道から写した池 

大塚池


大塚池地図
  

 近くに行ってみると、白鳥が飛来していました。

とり 1


 カモたちも動かず「置物」のようです。しかし 白鳥の目線はカメラです・・・お見事! 

とり 2

とり 3


 コクチョウもいます。カメラを向けると近づいて「ポーズ」をとります、とても可愛いんです。 

こくちょう


 池では これらの「とりたち」が癒してくれます。

水辺のとり

      
さて、引越の手伝いは頑張ってやります。
運ばないけれど まだ使える物が沢山あり 欲しい人にもらって頂いたり 残りは「ゴミを分別して」出したり ゴミ処理場へ運んだりとふる回転です。

 ゴミ処理場では「空き缶」ツリー?を発見  

缶





 新しい生活の場所は「茨城新県庁」の近くを通るので、はい パチリです。
水戸の偕楽園の近くに新築した庁舎は凛としてみえます。
「これからもよろしく~と挨拶です」

 水戸県庁


 我が家でもいただいて来ました。この「犬の置物」を・・ 

 犬のおきもの

本当は、庭か玄関にでも置くつもりでいたのですが、我が家の「おばぁちゃん」は留守番を一人でするときに寂しく無い様に家の中に置いてあると安心すると言っているので、いまの所家族の一員です。
な~んか変!とおもいますが、今はやりの“そんなの関係な~い”という感じなんですね。
ちなみに「おばぁちゃん」の干支は「いぬ」なんです。

     




NO 6 「工房 まひろ」の「仲間展」
ひさしぶりに「工房 まひろ」の「仲間展」が自宅で開かれました。
初日ですが、朝早くから沢山の人が訪れていました。その中には作品を出展した方もおり、陰ながらアピールしていましたので出きる事なら作者も顔入りで「写真」なども付けておくと良いんじゃないかなぁ~と思いましたが・・・。(農家の野菜と同じになってしまうかな?)

ハガキが私の所にも届きましたので早速出かけました。

IMG_2756ハガキ


 新作の「素敵なバック」もあります。 
IMG_2750バック

見た目にもスッキリして使いやすいデザインですし、軽いです。
単品で見てみますと  
IMG_2785バック単品

 その他のバック 
IMG_2764バック2

表の織りはもちろんの事中布がとても上品な布で出来ています、この
見えない所の配慮がたまりません。

 本人達もモデルさながら自分で仕立て上げた物を着てお招きしております。 
IMG_2748真理子

落ち着いた色合いは彼女のセンスがひかります。胸には「大塚さんの作品」をアクセントにし いい具合です。

 次は妹さんのモデルです。
IMG_2763裕子さん

ロング丈のスカートに短めの上着は流行の先端です。着こなすのが難しい物をさりげなく着る これが私流でしょう!

 また 大きな作品では「コタツカバー」ですが、使うのには汚れを気にしそうな丁寧な織りでした。 
IMG_2765コタツカバー

 その他の作品 
IMG_2751マフラー
IMG_2753作品1

IMG_2781真理子ズボン

 パンツもショールと合わせるとこんなに素敵になります。そのままレストランにお食事に行きたい装いでしょう!  

IMG_2806真理子さんのパンツ


 昔の「ミシン」も色どりに一役。私も使ったことがあるのでなつかしい!です。 
IMG_2760ミシン

 もうひとつは「お膳」です。昭和30年頃は自宅で「結婚式」などをしたときに良く使われたものです。
IMG_2774お膳


  いつも「トンボ玉」の素敵な作品を見せてくれる「大塚さん」の作品をいくつか紹介します。
IMG_2768トンボ玉1

 
IMG_2769トンボ玉2


 髪留め等も・・ 
 
IMG_2772髪留め
IMG_2775髪留め2
IMG_2766木の作品

この、大塚さんの作品は「木彫」にしろ「トンボ玉」などの作品でもわかる様に「とても繊細な才能が伺えます」し 眺めてみて、使ってみてもわかる様に「優しく 温かい作品」なんです。お人柄がそのまま現れている安心する品々だと、私はおもいます。

       

                     KIS15181.jpg