FC2ブログ
ピンクすずらん姫
夢は希望を持ちながらあるくことかな?
姑が・・
パソコンの調子が悪く、以前使っていたパソコンで載せてます。


7月25日(水)

この度、姑死去に際し皆々さまから暖かい励ましや、お悔やみのメールを頂きありがとうございました。
いろいろな手続き・挨拶回りは、ほぼ終わりました。
今は心の整理もつき、落着きを取り戻しつつあります
これからもなにとぞお力添えを頂きますようお願い方々、お礼に代えさせて頂きます。

新しいパソコンが起動しましたら、ゆっくりお伺いしたいと思います。
もう少し時間をいただけたら幸いに思います。

私は出来る限りのお世話をしたと思うので悔いは残ってませんし元気です。
最後までキチンと看取ることが出来た自分を誇りに思ってます。
これで「鬼嫁は卒業します!」で次は〜〜(鬼姑になります)





 2012年7月17日(火曜日) 20時21分
    姑は旅立ちました。(90歳)



7月14日(土)に元気でデイサービスに出かけた姑
帰りの車の中で左側の手がケイレン、添乗員さんの問いかけにろれつが回らず頭痛を訴えました。

すぐに救急病院に搬送され、応急処置のあと、CTを映し出た結果が「脳内出血」です。
お医者さんは「一時間内に緊急手術をすれば半身マヒは残るが」と手術を進められました。
しかし、痴呆が進み要介護4の姑の状態を毎日介護している私は判断を夫に託します。
夫は手術をしないでこのままの処置を希望しました。


15日の夜も昏睡状態の姑、救急病院に運ばれた時と様子の変化はありません。
危険な状態が今夜か明日か、それとも数日か、ひと月なのか わからないです。



強制退院いらい、7ヶ月も頑張って毎日デイに通い、100%の食事(好き嫌いが多かったのに)をとり、毎晩歌を歌って寝ないで頑張ったのに・・・

高齢者のあっけない終盤に驚いてます。

覚悟の在宅介護だった私は思います。
もう頑張らなくっていい、痛まずそのまま、ゆったり眠りを楽しんでほしいです。

しばらく更新出来ないことをお許しください。






トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック